★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

== きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

== 食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog ==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

== 日常を向上させるヒントや情報のBlog ==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

== 映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

== コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

== テレビ観賞専用Blog ==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
カテゴリ:お笑い( 6 )
『 文句なし! よかったね、パンクブーブー」! 2009 【M-1グランプリ】決勝 』

もう… あれから… 1年たつのね(T_T)


『来たね、NON STYLE! 2008 【M-1グランプリ】決勝 』


から、早一年… そりゃまぁ、
アタクシの髪の毛も、真っ白になるわけだわ!

なんだかしらんが、この半年くらいで、随分歳とったぞ(^^;

では、まず、最初に ↓ こちらの記事から読んでいただきましょう!


『 ~ パンクブーブー 【M-1 2009】王者予想への軌跡 ~ 』


これを踏まえてですね。
各コンビ毎のコメントを、いつもと同じように、やってみましょう! (^^)
(順番は「出番順」、点数は公式HPより)


-----------------------------
★ナイツ★(総合4位 634点)

この「M-1」の審査方法について、
前はよく文句言ってたけど、
さすがに最近は、審査員もちゃんと出番順も
考慮した上での点数付けを意識してるので
あまりにきにならなくなったんだよね。

だからなのかなんなのか…

演ずる方の、「一番手のプレッシャー」の方が
影響が大きくなって来たのを目の当たりにしてしまった感じ…

ほんと微妙に、いつものキレがなかったような気がしました。
それでも面白かったけどね。

アタクシの中では、
「ナイツ」「ハライチ」「NON STYLE」
は、甲乙つけがたし!! って感じでした。



★南海キャンディーズ★ (総合7位 607点)
久々の、「南海キャンディーズ節」でした。
なんか、「なつかしぃ~~~!!」って感じ(^^;

さすがの山ちゃん!
さすがのしずちゃん!

ちゃんと南海キャンディーズらしさを
出しながらも、進化してるな…

って感じはしたものの…

あまりにも、ドタバタすぎたね。
会場がもう少しあたたまっていれば
ちょっとは違ったかもしれないけど、
それでも、なんか小学校の「お楽しみ会」での
友達同士のドタバタコント的な匂いが
しちゃうんだよねぇ~ 残念!


★東京ダイナマイト★ (総合6位 614点)

2004年の記事を書いた時は、酷評してました(^^;
しかし、今回は違うよ!

いやぁ~~ おもしろかった!
こんなに、進化を感じたコンビも珍しい!! って位に…

そもそも、あの訳のわからん衣装を止めたことからして、
非常に評価できるんではないでしょうか!! ウハハ…

ってかね、まったく違うコンビを見ている自分がいました。
名前変えてもいいくらいに… (^^)

この路線で、もっともっと笑わせて欲しいです。



★ハリセンボン★ (総合8位 595点)

唯一の、500点台…
昨年の、「ザ・パンチ」と同じ…(^^;

もっと面白いはずなのにね。
緊張もあったみたんだろうけど、
なんか、とても残念でした。



★笑い飯★(総合2位 698点)

参った!
息止まるかと思った位に笑った。

「パンクブーブー」の優勝を確信していたアタクシも、
笑い飯のネタに、ひっくり返って笑ってるときは、
「やられた」と思いましたよ! ほんとに!!

とうとう、あの「原始人ネタ」を超えるネタを
ひっさげてやってきました。

しかも、最後まで「いいリズム」で、
ボケの入れ替えや、流れができてたんだよね。

いつも、最後の方になると、グチャグチャに
なってくる感じがしちゃうんだけど、
それがなくて、とても聞きやすかった。

島田紳介さんの、「100点」を見たときは、
「よかったね。笑い飯! とうとうやったじゃん!」
とも思ったよ。

これなら、「パンクブーブー」負けても仕方ない…

って…

なのに… なのによ!

なに、あの2本目のネタは…

過去の笑い飯のネタの中でも、最低ランクじゃん?

そもそも、すでに国民的行事の感さえする「M-1」で、
下ネタはご法度だと思うよ。

「面白くない」を通り過ぎて、「不快」にしか思えん!

8年連続決勝進出という、大記録を打ち立てておきながら、
結局優勝できなかった原因を、自分達で大々的に
発表してしまったって感じです。

アタクシが言うことじゃないけど(^^;
「なにを考えてるんだ!!」
って、言いたくなっちゃうよ! もったいない…


★ハライチ★ (総合5位 628点)

実は… かなりアタクシ好きなんです。このハライチ…

笑い飯が最初に出てきた時、そのスタイルがかなり
注目されて話題になったけど、それと同じ位、
このハライチの独特のスタイルって評価されても
いいと思うんだけどなぁ~

どこまで、計算してるのか?
どこまでがアドリブなのか?
もしかして、そのギリギリの線を楽しんでいるのか?

いっつも、楽しませてもらってました。
そんなハライチにあっても、今回の「M-1」の舞台は
ネタ、デキ、ともに「過去最高」位のパフォーマンスを
出してたと思いました。

「水色の ムック」は、秀逸だったなぁ~


★モンスターエンジン★ (総合6位 610点)

「笑い飯」の2本目のネタと同様「不快」でした。

深夜番組じゃないんだから、「M-1」なんだから、
やっぱり、老若男女、みんながスカッと楽しめるネタが
基本中の基本だとアタクシは思います。

そして、カウスさんは、そのあたり厳しく審査してましたよね。


★パンクブーブー★ (総合1位 651点)

いつもの、ローソンの店員さん風のジャケットを
着てなかったところからして、意気込みを感じました。

そして、なんといっても2本とも、あるレベル以上のネタを
持ってきた事が強かったんでしょうね。

ま、あとは、冒頭のリンク記事の通りでございますよ。
もう何年も準決勝止まりだったんだね。


★NON STYLE ★ (総合3位 敗者復活)

敗者復活で、NON STYLEの名前が呼ばれた時は
ちょっと感動しちまいましたよ(^^;

前年の覇者が「敗者復活」で勝ち上がるってのも、
初めてのパターンなんじゃない?

でもって、楽しませてもらいました。
2本ともそれなりのレベルのネタって事では
前年覇者の貫録も見せてくれたって感じかな?

-----------------------------
って事で!
いやぁ~ なんか、「M-1」はドラマがあるねぇ~~ (^^)

では、アタクシの独断と偏見で付ける
今年のM-1の順位は!


1位:パンクブーブー
2位:NON STYLE
2位:ハライチ
2位:ナイツ
5位:笑い飯
6位:東京ダイナマイト
7位:南海キャンディーズ
8位:ハリセンボン
9位:モンスターエンジン

ま、2本やってる組と1本しか
ネタやってない組を同じ土俵にあげるのも
どうかと思うけど、まぁ、便宜上って事で(^^;

だけど、単発のネタで考えたら
「笑い飯」の一本目は、ダントツの1位だと思うね。

まさに、非の打ちどころがないと思った。

今年の上位5組位はほんと接戦だったと思います。

また来年も、楽しみだわ!!

最後に、過去の「M-1」ネタリンク集!!

『 サンドウィッチマン すげぇな! 2007【M-1グランプリ】決勝 』

『 やったね、チュートリアル! 2006 【M-1グランプリ】決勝 』

『 ブラックマヨネーズの為にあった? 2005 【M-1グランプリ】決勝 』

『まさに泣き笑い! 【M1グランプリ 決勝】』
[PR]
by kizzarmy_tv | 2009-12-21 18:07 | お笑い
『 ~ パンクブーブー 【M-1 2009】王者予想への軌跡 ~ 』

まぁまぁ、大げさなタイトルだね(^^;

って事で、今となってはそれをだれも証明できない!
ただただ、本人だけが、

「アタシャ、パンクブーブーが優勝するって思ってたんだよね」

って、言っているだけという、非常に痛い状況ではありますが、
言わずにはいられないので、書かせていただきます。 (^^)

まず、「パンクブーブー」というコンビ名が初めて
このBlogに登場したのは、

2005年3月31日
こんなタイトルの記事でした。

『爆笑! オンエアバトル 第7回チャンピオン大会』

この時点では、特にコメントもなし(^^;
ただただ、名前がでてきただけでした。

それもそのはず、このころは、
「アンタッチャブル」
「タカアンドトシ」
全盛期を迎える頃でしたからね。

その中に埋もれてしまっていた感じ…


次に名前が出てくるのは
2005年11月1日
半年以上が経過してから、

『お笑い戦国絵巻 勢力分布 (2005年末に向けて…)(後編)』

なんて話に登場!

ここで、初めてパンクブーブーについてのコメントが…(^^)

 こちらもいいコンビ…
  M1審査員風に言うと「コンビのコントラストがいい」って感じ…(^^;
  ハチャメチャ系のボケ役の方の突拍子もない行動が笑える…



そして、この記事…
2006年 3月24日

『爆笑! オンエアバトル 第8回チャンピオン大会』



結構好きよ!
安心して笑ってられる(^^)


とまぁ、なかなかの好印象(^^)/

しかし、次に登場した
2009年3月23日の

『 爆笑! オンエアバトル 第11回チャンピオン大会 』

では、特にコメントもなく… (^^;

だったんだけどね。
ここ半年くらいかなぁ~ ものすごく洗練されてきたんだよね。

アタクシがとにかく評価したいのは、
厭味がないってことと、
下品じゃないってことと、
暴力的じゃないってこと。 (^^)

とにかく後味がいい!

でもって、「ナイツ」の影響か、「レッドカーペット対策」か、
一定時間内のボケの濃度が高いんだよね。

しかも、そのボケが、想定内の一歩外側に行くんだよね。

ローソンの定員風のジャケットを着始めたころあたりから
面白さは、加速する一方。

アタクシの秘蔵DVDへの、パンクブーブーのダビング率も
上がる一方。

だったんだよね。

そこに来ての、M-1決勝進出のニュース。
そして、その顔ぶれを見て、

「こりゃ、パンクブーブーがいくな!」

と、アタクシの潜在意識が、アタクシの顕在意識に
訴えかけてきたんですわ! (^^)v

巷の予想では、
1位は「ナイツ」…
2位は「敗者復活枠」…

パンクブーブーは同率7位…

「なわきゃねぇぞぉ~~」

ってことでね、
今年は「パンクブーブー」の優勝を
予想しておったわけなのでありんすよん♪

いまだに、決勝当日朝に、Blogを更新しなかった事を
いたく後悔しておる、kizz_armyなのでございました。
[PR]
by kizzarmy_tv | 2009-12-21 15:47 | お笑い
『 キングオブコント C-1 グランプリ 2009 』

去年も、この「C-1グランプリ」について
書いたような気がするんだけど、
今探したらないんだよね(^^;

ま、それは置いておいて…


「ジャルジャル」の点数低すぎるだろ!!!


申し訳ないけど、

絶対おかしい!

絶対変!

何かが違う!!

って事で、
「裏になんかあるんじゃねぇの?」
って思われても仕方無いって位の違和感ですわな(--;


最終結果は…

1:東京03
2:サンドウィッチマン
3:しずる
4:インパルス
5:モンスターエンジン
6:ロッチ
7:天竺鼠
8:ジャルジャル

ジャルジャルは、
サンドウィッチマン、しずるといい勝負だったと思う。
それが、「最下位」ってこたぁねぇだろ! (^^;

普段から「ジャルジャル」には、
なんの思い入れもありません(^^;

上位3組は、結構贔屓にしてるけどね。

なので、ある程度客観的に見ていると思う
逆に、他の組をひいき目に見るようにしたとしても、
今回の「ジャルジャル」の面白さは不動じゃね?

それが、「最下位」ってこたぁねぇだろ! (^^;

個別に言ったら…

天竺鼠の二本目のネタなんて酷かった様に思うけど…
途中寝ちゃったもん。

インパルスの二本目も、う~~~ん… (^^;

モンスターエンジンは、ネタの内容さえあまり記憶にないし…

しずるは、よかったね(^^)
池田さんの演技力が際立ってましたねぇ。
特に、卓球ネタの方… あのネタは凄くよく出来ていたと思う。


あの審査方法… 変えた方がいいね。
よからぬ疑惑がどんどん芽生えるよ♪ アハハ…

どうせ生でやるんなら、いっその事視聴者投票にしたら?

「ジャルジャル」の一本目のネタなんて、
一番最初から最後まで笑ってたような気がするんだよね。

「あるあるネタ」っぽさや、「あり得なさ加減」、
さらに「ちょっと意表を突く感じ」も織り交ぜて…

それらが、うまぁ~~く融合して、
非常におもしろいネタに仕上がってたと思うんだけどなぁ~

プロの目線は違うんですかねぇ?

でも、「東京03」「サンドウィッチマン」への認識は、
アタクシ個人も、審査員も共通していたわけですからねぇ~

「結局見てる所は同じなんじゃん?」とも思える…

だとしたら、なおさら「ジャルジャル」の不評は
違和感を覚えるわけなんですね。

「サンドウィッチマン」は、ほんとおもしろいと思う。
時々「そのボケはねぇだろ!」って部分もあるんだけど、
全体的にみると、結局それも魅力に思えてくるね。

今回わかったのは、結局「サンドウィッチマン」がやっているのは
漫才でも、コントをやっているんだなって事ね。

セットや、小道具の有無だけの問題なんじゃない? (^^)


「東京03」は、何年も前からお気に入り…
NHKの「オンエアバトル」の常連だった時もあってさ…

その中でも、バンドのネタがあるんだけど、
まぁ、これが最高(^^) 何度見ても笑えるんだよね。

ほんと3人ならではの、上質のコントをやってくれます。

でも、以前紹介した

『笑・神・降・臨』

って番組に出た時はイマイチだったんで(^^;
今回ちょっと心配してたんだけどね。

しかし、それを完全に覆す、本来のおもしろさでした。
審査員が100人で、953点ってのは、ほんと凄い!
とんでもなく凄い!

「ありえない」位すごいんじゃない?(^^;

優勝者は納得とはいえ、変な所で非常に不満足を
抱える事になった、今回の「キングオブコント」でございました。
[PR]
by kizzarmy_tv | 2009-09-24 10:06 | お笑い
『 爆笑! オンエアバトル 第11回チャンピオン大会 』

では、まず過去の記事の紹介から…

『爆笑! オンエアバトル 第8回チャンピオン大会』
『爆笑! オンエアバトル 第7回チャンピオン大会』

って事で、9回、10回大会については書いてないんだね(^^;

2年の沈黙を破り、今回はなんとしても書かなければならないと
アタクシを奮い立たせたのは、どうしても言いたい事があったから。

それは、「タイムマシーン3号」へのメッセージ…


今回の「オンエアバトル チャンピオン大会」、
一番面白かったのは、「あなたたちです」!

って事を、どうしても言いたかった。(^^;

まぁねぇ、審査結果は審査結果として、
受け止めなきゃならんのだろうけど、
単純な面白さ、ネタの練られ方、その時の出来、
全て「タイムマシーン3号」がダントツだったと、
アタクシは思いました。

「妹との同居」って言うきちんとした軸を置きながら、
いろんな要素をてんこもり…
次々と繰り出されるボケと突っ込みの妙技は
大笑いと同時に、「感嘆」の声を上げてしまいました(^^)

本人達も、その出来の良さを自覚していたからこそ、
今回の第二位は相当ショックだったと思います。

だからこそ、なんとかこのBlogが本人達の
目に留まる事を祈ります。(^^;


と、ここまで書いた所で一応補足しておかねばなりますまい。(^^;

確かにね、数年前にフジテレビの横で「タイムマシーン3号」と
すれ違った事もありますし、普段から「コンスタントにおもしろい」とも
思ってますが、それだけで今回の事に関して
贔屓的に見てたわけじゃありませんからね。(^^;

過去の記事を振り返りますれば、確かに「トータルテンボス」
個人的な評価は、最初の「Mー1」の時からそんなに高くなかったですよ。
でもねぇ、最近の「トータルテンボス」は、以前に比べて
とても面白くなってきたと思ってました。

今のスタイル-なにかの職業をネタにする-になってからすぐも
今イチだったけど(^^;、あのスタイルがこなれてからは
かなり面白かったんで、アタクシの秘蔵コレクションDVDに
何度かダビングする事もありました。

そんな中にあっても、今回の「チャンピオン大会」での
「イタリアンレストラン」のネタはイマイチでした。
特に「タンス」で従業員を呼ぶってのがどうしても
しっくりこなかった。

当然、突飛もない、あり得ないシチュエーションの面白さを
狙ったのはわかるんだけど、イタリアンレストランと
あまりにも関係のなさすぎる「タンス」、そして
それが厨房とつながっているって設定は
どうしても、「無理やり感」を感じてしまいました。
そして、
「その手順を踏まなければ、従業員が近くに居ても応じない」
って、ネタはもうやり尽くされてるからねぇ(^^;

では、番組ホームページより結果を引用させて頂きます。

・トータルテンボス 1034KB
・タイムマシーン3号 966KB
・超新塾 814KB
・パンクブーブー 806KB
・ハマカーン 786KB
・ななめ45° 758KB
・流れ星 734KB
・ギャロップ 622KB
・フラミンゴ 526KB
・アームストロング 510KB
・我が家 350KB

みんな緊張してたのがTVからも伝わってきましたよね。

いつもとはちょっと違う感じ…
いつもだったら、もっとおもしろいだろうに…
って思わされた人たちが複数いました。

しかし、「我が家」の点数の低さには驚いたね。
なんなんだろう…
あの「野球拳」ネタって一般受けしないのかねぇ?(^^;

確かに、現在の「我が家」のネタで最高か?って言うと
そうは言えない気もするけど、
谷田部さんが忘れた頃に入ってくるタイミングとか
わかっていても、おもしろんだけどね。

って事で、
来季からは、番組自体もちょっとシステムが変わるみたいですね。
老舗のお笑い番組として、ぜひ他のテレビ局にはない、
質の高いお笑いを提供していただきたいと願う次第でございます。 (^^)
[PR]
by kizzarmy_tv | 2009-03-23 10:22 | お笑い
『 【R-1グランプリ】に異議あり!(^^; 2009 』
「たしか去年も書いたよなぁ~~」

と、「記事管理」なんていうBlogの機能を使って
一覧表示してみたら…

あったあった!

タイトルは
『 【R-1グランプリ】に異議あり!(^^; 』
だってさ…

再度読んでみたら…

「うん、まったくもってその通り!」って感じでした(^^)

でもって、今年の「R-1グランプリ」、
昨晩、一日遅れで録画したものを見たのですが、

なんだよ! 今年も同じタイトルでいけるじゃん!

と思ったので、今年のタイトルは、

『 【R-1グランプリ】に異議あり!(^^; 2009 』

って事で…(^^;


ま、「完全なる個人的な好みの問題」って前提で聞いてくだせぇ…

まずは全体的な感想から…

「なだぎ」&「友近」がいない事によって
非常にレベルの高い、単純に楽しめる内容になってましたね。(^^)
笑わせていただきました。

しかし! どうにもこうにも、審査員の評価がアタクシとは
非常に異なるようでして…
しかも、妙に「いかにもテレビ的コメント」っぽくてさ…

途中から、審査員のコメントはすべて「スキップ」にて
鑑賞させていただきました(^^)v

そして案の定… 結果は納得できるものではなく…(--;

特に、一番最初に「M-1グランプリ」の事書いた記事でも言ってますが
あまりにも出順が得点に影響しすぎるんじゃないかと思うんですね。

それと、得点の基準がさっぱりわからん…
最低点って0点なの?
だとしたら、すべての人がほぼ基本的に80点越えるのって
どういう基準から導き出されるんですかねぇ?(^^;
意味がわからん…

もうすっかり見なくなったけど、「新春かくし芸大会」に呼ばれた
前年話題になって無理やり呼ばれちゃった審査員が、
なんの基準もなく、ただただ満点を出し続ける状況に
非常によく似たモノを感じてしまいました。

って事で、個別に感想を…

公式ホームページには得点順があったので、
それを引用させてもらいます。

☆中山功太 683点
確かにアイディアはよかった。
「よくまぁ、そんな事考え付くよな…」って…
でも、「アイディアがよかった」と「面白かった」は別ジャン?
所々笑えたし、あえて鉄板と思えるものを昇順に並べた感じで
徐々に盛り上がったとは思うけど、笑いがブツ切れに
なっていたのは明らかだったと思うんだけどなぁ~

☆エハラマサヒロ 675 点
最近の一押しピン芸人…(^^)
アタクシもあんなネタやりたい…
歌とアレンジの秀逸さには、ほんと脱帽よ…
しかもおもろい!

☆バカリズム 672点
まさに、今までで最高のネタだったんじゃん?
ま、「何回見てもおもしろいか?」って事になると
ちょっと弱いような気がするけど、
それでも、「で、持つとこうなります」
最初のインパクトは凄まじかったです。
最初から最後まで、大爆笑!

☆COWCOW山田よし 672点
去年に比べたら格段に面白かったですね。
でも、あれって「さいとう・プロダクション」に
怒られないのかね?(^^;

☆あべこうじ 663点
いやぁ~~~~~~~、あべちゃんよかったよ!
今までみた中で、最高のパフォーマンスじゃん?(^^;
とても乗ってる感じがして、自然体で、よかったよ。
あの尺のなかで、きちんとメインがあって、
伏線も複数あって、非常に練られてる感じのネタでした。
この点数はとにかく納得いかんぞ!

☆サイクロンZ 662点
3年位前に、ナインティナインの「おもしろ荘」の
予備軍みたいな感じで見た時とは大違いだね。
なかなか面白かった。
ちょっと先がわかっちゃうのもあったけど
「歯にFlash」には参ったよ!
ひっくりけぇっちゃった(^^)
しかし、パントマイムがうますぎるよなぁ~
あまりにうますぎるから、いかにも
・・・・・・って
思っちゃう所がちょっと…

☆鬼頭真也 645点
全部あのネタなんですかね?
なんかあたくし、非常に好みではない
「浅越ゴエ 」風がちょっとしました。
しかしまぁ、あのかつぜつの良さというか
口の動かし方がちゃんとしてるのは、
いかにも「劇団所属俳優」って感じでしたね。

☆鳥居みゆき 642点
アタクシ、非常に評価の高い鳥居さんですが、
今回はちょっと気負いすぎましたかね。
残念でした。

☆岸学 634点
「サバイバルステージ」は、録画し忘れ(^^;
最後の結果の部分だけみた時には、1位通過…
「ひとりジャックバウワー」はそこまでの破壊力か!
と、思いきや…(^^;
レッドカーペットで二人でやっている時の方が
突っ込みがある分、おもしろいと思いましたね。

☆夙川アトム 622点
何度見ても、わかっていても、くだらねぇなぁ~と思っていても
ダメだわ!はまる… (^^;
最近一番はまってるかも…

「はい! しまうらの ろうたぁ ドン! きたっ!」

「ざぎんの ちゃんねぇ~」

とにかく、言いたくて仕方がない…
こうやってパソコンに向かっていても、
「はい! ずきんあかの ちゃんねぇ…」
言いたくなる…


って事で、アタクシが勝手に順位をつけてみたよ!


1:あべこうじ
2:バカリズム
3:エハラマサヒロ

4:中山功太
5:夙川アトム
6:COWCOW山田よし
7:サイクロンZ
8:岸学
9:鬼頭真也
10:鳥居みゆき

上位三人はほんと甲乙つけがたし!!
でもね、最近多いし、そういうジャンルも確立されてるし
おもしろけりゃいいんだろうけど…

絵のうまさや、絵コンテの妙ってのは、やっぱり違うと思う
あべちゃんみたいに、体一つをメインにして、
プロのしゃべりで笑い取るってのが王道だと思うんですわ。

そういう意味から言って、あべちゃん1位にしました。

それと、普段コンビでやっている人が
コンビ名込みで出場するのはどうかと思う
「ピン芸人選手権」でしょ?

そりゃ、「ピンで仕事もらえばやりますよ」ってのは
根底にあるのかもしれないけど、そこも
「なんか違う」って感じがしてなりません。

あと、二回優勝したら、「名誉チャンピオン」とかって事にして
出場制限かけるようなシステムにしたらどうですかね?(^^;


あべちゃん、ほんとおもしろかったわ! (^^)
って事で、来年はどうなるのかねぇ~~
[PR]
by kizzarmy_tv | 2009-02-19 09:45 | お笑い
『来たね、NON STYLE! 2008 【M-1グランプリ】決勝 』
今年は、例年を遥かに超える期待度!
朝から、めっちゃ楽しみにしてましたよ! => M-1グランプリ

って事で、まずは、今までの記録から…(^^;

『 サンドウィッチマン すげぇな! 2007【M-1グランプリ】決勝 』

『 やったね、チュートリアル! 2006 【M-1グランプリ】決勝 』

『 ブラックマヨネーズの為にあった? 2005 【M-1グランプリ】決勝 』

『まさに泣き笑い! 【M1グランプリ 決勝】』


今年の特徴は…

「モンスターエンジン」以外は、全組が「おなじみの顔」って事…
だからこその、期待度が高かった!

「ダイアン」
「ナイツ」
「U字工事」
「NON STYLE」

は、数年前からNHKの「お笑い オン エア バトル」にて
おなじみの顔だったし…
参考記事=>『爆笑! オンエアバトル 第8回チャンピオン大会』

「ザ・パンチ」
は、「レッドカーペット」芸人の中でも、
かなりのお気に入りだったからね。

そりゃ期待しちゃうよね。
って事で、午前中から、やることやって、
17:30位から、準備万端整えて、盤石の態勢にて
鑑賞させていただきました(^^)


では、非常に個人的な嗜好による、感想なんぞを…


★ダイアン★(総合6位 619点)
やっぱり、順番て相当な影響があるね。
次に出てきた、「笑飯」とそんなに差があるような
感じがしなかったんだけど、点差は結構ついてたでしょ?

ネタも、すごく面白かった。
最初の一分位は、会場もどうしていいのかわからないから
シィ~~~~~ン… って感じだったでしょ?(^^;
ちょっとかわいそうだったよね。

冒頭の振りの部分で、何度も何度もわけのわからない言葉を
繰り返すところあったでしょ?

途中「もういいよ、やりすぎじゃない?」って思ったんだけど、
実は、そのしつこさが次の一言をより効果的にするための計算
だったってのがわかると、逆に、驚嘆させられましたよ!

題材も、みんながわかるものだし、
改めて順位と、点数見てみると、
やっぱり点数以上の内容だったと思いました。


★笑い飯★(総合4位 637点)
いつも言ってますが…
アタクシ、個人的には、
「すごいと思うけど面白さとしてはイマイチ」
って感じなんです。(^^;
例の、「古代人の人形ネタ」を超えるネタはなかなか
出てこなかったからね。

しかぁし! 今回は、よかった! おもろかった!
審査員も言ってたけど、自分たちのスタイルを揶揄するような
最初のつかみ部分は、「キタァ~~!」って思っちゃったもん

正直… いままで見た中で、一番面白かったかも…(^^)

だけど、この時点では、
まぁ「ダイアン」といい勝負位の感覚でもありました。


★モンスターエンジン★(総合7位 614点)
全く、聞いた事もなかった…(^^;
今回の出場組で、唯一知らない名前…

がっ!

つい先日、突っ込みの大林さんは
「レッドカーペット」で見たばかりだったんだよね。

あれ… 紹介されなければわからなかった(^^;

ネタ前の紹介VTRを見る限りでは、めっちゃ期待した…
この期に及んでの、自分の知らないコンビ…(^^;
しかも、すごい実力らしい…

「新しい笑いを見せてくれるかも?」

って、思ったら、そりゃ期待するよね。

ま、残念でしたね(^^;
特に、大爆笑部分もなく…
全体を通してイマイチ…

他のネタも見てみたいですね。
ほんとうはもっと面白いのかもしれん…

それよりなにより、ボケの西森さんが
なんか、吉田照美さんに似てるのが
気になって気になって…

いや、顔とかじゃなくて、全体的な感じがさ…



★ナイツ★(総合3位 640点)

紹介VTRで、ちょっと感動したよ。
いまどき、あえて「寄席」で修行しようなんて
普通思わないと思うもんなぁ~

こりゃ、ただもんじゃないな…と思った(^^;

でもね、
数年前から、「オンエアバトル」で
よく見る顔だったんだけど、
-そんな事いったら申し訳ないけど-、
別にどうって事なかったのよ(^^;

鳴かず飛ばずとでも言いましょうか…

ボケの塙(はなわ)さんが、あのベース持って歌う
「はなわ」さんの兄弟だって事を聞いて、
「ふぅ~~ん、そうなんだ…」って思った程度なの…

所が!! 所がなんだよね。

「ゆうべ、ヤホーで調べたんですけどね」
って言う、今のスタイルになってから突然おもしろくなった。

ベタなんだよね。こんなベタな事やる人、今どきいないって位
ベタなオヤジ系ダジャレのオンパレード…

なのに… おもしろい…

ある意味、発明って言ってもいいんじゃないかな?

またねぇ~ ほんと細かいんだよ。
一瞬でも、聞き逃すと、大ネタ聞き逃したりする(^^;

昨日だって、
「風の谷のナウシカ」=>「かぜのたにをなおした」
で、突っ込みが
「ヤワラちゃんじゃねえんだから」…

これ、会場「シーン」だったよね。
アタクシも瞬間はわからなかった。

でも、実は
「風邪の谷(選手)を治した」=> だから「ヤワラちゃん」
だったんだね。
次の瞬間に、これがわかったら、もう大爆笑…
しかも、そこからどんどん加速して面白くなってきた。

これぞ、「鍛え上げた芸」って感じだよね。
いっつも、ほとんどあれだけ大量のネタをかまないで
やり通すもんね。

立派な3位だったんじゃないかな…



★U字工事★(総合5位 623点)
こちらも、「オンエアバトル」でおなじみの顔…
最初から、コンスタントにおもしろかった。
ちょっと昭和を感じさせるまさに王道の漫才…
それで面白いんだから、単純にアタクシ好み(^^)

しかも、ちゃんと「栃木」を絡ませてネタ作ってくるからね。

その中で、出てくるの他県の事…
馬鹿にしたり、悪口言ったりするけど、
ちゃんとフォローもしてるんだよね。
そのあたりも、好感持てます。

ただ最近ちょっと、益子さんの怒鳴る割合が
昔に比べて多くなってるような気がする。

個人的には、ずっと怒鳴りっぱなしより、
もう少しメリハリつけた方がいいような気がしてます。



★ザ・パンチ★(総合9位 591点)

唯一の500点台…(^^;
堂々の最下位! (^^;

結構前から、「レッドカーペット」での大のお気に入り…
出演した分は、たぶん全部に近い割合で、永久保存版として
録画したものをDVDにダビングしてあります。(^^)

決勝進出のニュースを聞いた時にも、

「うぉ! すげぇじゃん!」

と、思う反面、心配もあった…(^^;
いつもの「レッドカーペット」のネタで4分間…
大丈夫なのかな?と思ったんだよね。

もしかして、違うスタイルもありか?

とも、思った。
でも、同じスタイルで来ましたね。
惨憺たるものでした(^^;
いつもと、全然違ったね。
間は悪いし、かみまくりだし、うわずった感じだし…

一発目が悪かったね。
「レッド・カーペット」とかだと、ほとんどネタ知ってる人が見るから、
最初からわかっている状態じゃない?
でも、知らない人にとっては、いきなり「しんでぇ~」は
ハードル高過ぎたんじゃない? (^^;

ジワジワと、レベルを上げていった方がよかったような気がしました。
なんか、もったいなかったね。




★NON STYLE★(優勝 644点)
こちらも、「オンエアバトル」でおなじみの顔…

ところがねぇ~…(^^;

実は、最初にNON STYLE見始めた頃…
何回か見た後は、NON STYLEが出てくると、
録画した番組をNON STYLEの所だけ
飛ばして見てたんです。(^^;

だって、何度見ても…

「こいつが イキリで…」

って、ネタばっかり…(^^;
しかも、あまりおもしろくない…
「単にかっこつけた相方を馬鹿にしてるだけ」
ってな単純なネタ…

だから、最初の二言三言を聞いて
「こいつが イキリで…」
って言った瞬間、「スキップボタン」をピッ!…ってね(^^;

所がある時、久々に見てみると、
「こいつが イキリで…」
ってセリフが出てこない…

「お、とうとうあのネタやめたんだ…」

と、思ったら… その後… めちゃめちゃ、おもしろかった(^^)

そう… 突然おもしろくなったんです。
しかも、ボケの石田さんがめっちゃ頭脳派に見えてきた。

「うわ!もしかして、この人、すげぇ計算高いのかも??」

ってね。
それからというもの、アタクシの保存版DVDに、
「NON STYLE」が入る事もしばしば…(^^)

昨日も、最高のパフォーマンスを発揮してたような気がします。



★キングコング★(総合8位 612点)

ファンの方には大変申し訳ないんですが、
もう! ネタ以前の問題として、合わない(^^;

「キングコング」自体、その構成要素を含めて
肌に合わないんですね。(^^;

昨年の記事では、だいぶマイルドに感想書いてますが、
やっぱりダメみたい(^^;

確かに、昨年の2本目のネタは結構面白かった。
えっと、台風中継のネタだったかな?

でも、「割とおもしろかった」と言う感じかな…

それでも、今年も決勝に残るって事は
それなりのなにかがあるんだろうと、
思ってはいたのですが…

重ね重ね申し訳ないとは思うのですが、
今回、始まって30秒程で、こんな事を叫んでしまいました。

「よっしゃ! ウケてねぇ!!」

と…(^^;

そのままの結果だったような気がします。




★オードリー★(総合2位 敗者復活)

こちらも「レッドカーペット」で、おなじみの顔…
アタクシの保存用DVDの常連組です。

あの状況でも、まったくいつもの春日キャラを通していたのは
さすがだよね。(^^;

やり遂げた感じだったんじゃないでしょうか?(^^;

2本目のネタって、たぶん「オードリー」としては、
ちょっと異色ネタの様な気がしてるんですが、
あれを選択したのがよかったのか?悪かったのか?

そこの所がちょっと微妙かな…




って事で、アタクシ的には、今まで一番レベルの高い
「M-1」だった様な気がします。


8割方、爆笑してました。(^^)

唯一、途中で別の事をしに席を立ったのは、
「キングコング」の時だけ… (^^;


敗者復活で出てきたのも、知っている顔…
敗者復活戦を戦っていた58組の芸人さんも、
ほとんどが知ってる顔だったからね(^^;

もちろん、知っている顔だったから面白かった
ってんじゃなくて、みんなほんとうにネタが面白かったと思う。
過去に見たネタもあったけど、それでも面白かった。


特に、ファイナルステージで負けた2組は、もったいなかったよね。
「ナイツ」もすごく面白かった、たたみかけてきた感じ…
「オードリー」だって、ひとつ間違えば優勝してかもしれん…
あの奇異な感覚がもうちょっと審査員の興味を引いてたらねぇ?

とはいっても、やっぱりNON STYLEが頭一つ出てたのは
間違いないもんなぁ~

NON STYLEの号泣には、もらい泣きしちゃったよ。(^^;


あと、審査員は今のメンツがいいんじゃない?
もう、固定でいいかもよ…

「おぉ! プロはそこを見るか!」

ってな、納得のコメントが多く聞かれたように思いました。

って事で、いやぁ~~~~~~~~~~~、楽しませてもらった。

ほんと、いままで一番笑った「M-1」だったと思うわ! (^^)
[PR]
by kizzarmy_tv | 2008-12-22 11:02 | お笑い