★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

== きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

== 食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog ==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

== 日常を向上させるヒントや情報のBlog ==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

== 映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

== コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

== テレビ観賞専用Blog ==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
カテゴリ:アニメ・特撮( 2 )
『 「マグマ大使」 』


※特にストーリー的なネタばれはありません。


普通に買っている「テレビ番組雑誌」
J-COM(ご存知ケーブルテレビ)が発行してる
「テレビ番組冊子」を広げて…

何をするよりも真剣に、年末年始に録画するテレビ番組のチェックをしていた時…

ふと目を引いたのが「マグマ大使」


マグマ大使ぃ~~~~~~~~~~~~~~っ!!

ピコピコピィ=ン♪
ピコピコピィ=ン♪
ピコピコピィ=ン♪


あぁ~~ たまらんっす!(^^;


つってもねぇ~ 記憶としては非常に断片的なんです。
事細かに覚えているわけじゃない…

当然、第一話がどういう始まり方だったのかなんて知らないので、
めっちゃ見てみたくなって来たのさ!

年末年始の、早朝6時から… 一挙に6話分、3時間…(^^;


「マグマ大使」と言えば、技術的な面で
「アニメーション」と「特撮実写」の融合ってのがあるんだよね。

古くは「バンパイア」なんかでも使われていたけど…

これがさぁ~ まぁ= すばらしくよくできているんだわさ…

ほぼ違和感がないんだよね。
今で言えば、一部をCGで合成するみたいなもんなんだろうけど…

しかしまぁ、さすが「手塚 治虫」さんといった所でしょうか…

「ロケット人間」って発想がすごい!

しかも、笛を吹かれるたびに遙か彼方からイチイチ飛んでくるんだよ?
ご苦労なこってす(^^;

他にも「いいじゃない?」って思ったのが、ひとつのストーリーが
4話完結って言う形式をとっているのさ…

これがいいのよ…
昔の特撮もの見ていて一番の不満が
「30分で終わらせるための無理矢理感」
なのね。
終盤にきて、なんの脈絡もない無理矢理な解決をしてしまうのって
よくあるんだよね。

所が、4話完結だと非常にストーリーに深みが出て、
この無理矢理感が感じられないんだよ。
ストーリー自体をとても楽しむことができるわけです。

なんですが!!

変なもんだね(^^; 「時代」だったのでしょうか…

当時はこの「4話完結方式」が非常に不評だったらしいのです…

途中から「2話完結方式」に変更されたんだってさ!


なんかねぇ~ 全編に渡って古きよき昭和の時代が反映されてますよ(^^;

スポンサーだったのかもしれないんだけど、
とにかく、なにかってぇと「コーラ」を飲むシーンがあるのね。

でもって、普通に入った喫茶店で昼間っから
みんな「ゴーゴー」を踊ってるんだよね。 大爆笑しちゃった(^^;

「ゴーゴー」ってなんだよ! って言われそうじゃん?(^^;


でね、音波を吸収しちゃうって怪獣が出てきて、
音のない世界でパニックになるってシーンがあるのよ。
単純に、映像だけながして音声部分はまったくないの…
それがしばらく続くんだよね。

今だったら、完全に「放送事故?」ってな事になりかねない演出…

楽しませていただきましたよ。

すっかり盛り上がっておきながら、結局最終回までは見られなかったのですが、
はっきり言って、「名作」だと思います。

インチキ臭い所はいっぱいあるんだけど、
そういうのを帳消しにする魅力ある作品ですな。(^^)
[PR]
by kizzarmy_tv | 2008-01-21 12:03 | アニメ・特撮
『 「仮面ライダー 電王」 最終回 』

※ネタばれあります。 ご注意!


「ドラマ」扱いです。 => 仮面ライダー


一年間付き合ってきた「仮面ライダー 電王」も終わってしまいました。


結局最後まで、まったく持って「ライダー」じゃなかったわけですが…(^^;


いやそれでもねぇ、いろいろ特筆すべき点は多々ある作品でしたよ。

一番すばらしかったのは、やはり主役の野上良太郎役、佐藤健さん…

いままでのライダーと最も違う点は、
憑依されるイマジンの人格を強く受け継いでしまうって事…

そのおかげで、憑依された時の声は「吹き替え」によって
台詞をしゃべる事になるんだよね。

しかも、それぞれが非常に個性的なキャラなので、
表情、しぐさ、すべて違う演技をしなければならないわけよ

彼は見事に、普段の自分も含めて5種類のキャラを演じてました。
そこには、最初からまったく違和感がなかった。

これは声優さんの力量も関係あるけど、口パクになる台詞部分も
ほんと違和感なかったしね。

今までのライダーシリーズ屈指の演技派ヒーローと言えるのではないでしょうか?


11月頃かなぁ~ ちょっと倦怠期もあったんだけど、
割ときちんとした謎解き的なストーリーが収束に向かうあたりから
盛り返してきて、最後は納得の「最終回」でした。

なんだか尻つぼみ的な、「よくわからん最終回」ではなく
「なるほど、そういう事だったか!」
と思わず唸ってしまう展開でした。


まぁ、とは言っても 「ん? あれななんなんだ?」ってのも
ちょっとは残ったけどね(^^;

モモタロス
ウラタロス
キンタロス
リュウタロス

みんないいキャラでしたよ(^^)

たのしませていただきました。

って事で、過去の「電王」関連の記事も振り返ってみてください(^^;


『仮面ライダー 電王(DEN-O) 』

『 仮面ライダー 電王(DEN-O)【その後】 』

『【仮面ライダー】vs 【唇からロマンチカ】』
[PR]
by kizzarmy_tv | 2008-01-21 12:02 | アニメ・特撮