★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

== きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

== 食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog ==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

== 日常を向上させるヒントや情報のBlog ==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

== 映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

== コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

== テレビ観賞専用Blog ==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
カテゴリ:バラエティ( 7 )
『 アメリカン・アイドル シーズン8 』
「アメリカン・アイドル」ってものがどういうものかは、

『 アメリカン・アイドル シーズン7 (前編) 』

『 アメリカン・アイドル シーズン7 (後編) 』

にて、書きました。

一時は、「シーズン7」が終わったら、
「それで終わり」にしようとも思っておりました。

放送回数で言うと、「24」の倍近いんだよね(^^;

結構な時間を割かれるよね(^^;

唯一の救いは…

「HEROES シーズン3」が終わり
「LOST シーズン5」も終わり、
且つ、現在和製のドラマは、1本も見ていない

って事…

その分を、「アメリカン・アイドル」につぎ込めば
なんとか年末までには、一区切りつくんじゃないかと…

とまぁ、ほぼ中毒症状に近い状態にて、

「シーズン7」から「シーズン8」へと、一気見マラソンは
続いたのでございました(^^;


で、「シーズン8」も 12/12(土)の放送を持って終了したのかな?

結局、メチャメチャ楽しんじゃったね(^^;

さすがに、全米視聴率No1だけの番組だけあるよ(^^;

しかも、最後には、「あぁ~~、見てよかった」と思える出来事も…

なんかね、「シーズン7」に比べて、出場者のレベルが随分と高いんだよね。
審査員でさえ、「番組史上最高のレベルの戦い」みたいなこと、
何度となく言っていたからね。

実際、上位4人位になった時は、だれも落としたくない状況だったからね(^^;

すでに7回もやっているのに、まだまだ金の卵はいるんだね。
ほんと凄いわ!

ちょっとしたルールの変更や、新たな演出が加わったものの、基本は同じ。

でも、なんちゅうかねぇ~

努力で補える部分、
努力じゃどうにもならない天性の部分、
10万人の中から選ばれる一人ってのは、
いったい何者なのか?

いろいろ考えさせられもする番組でした。

そして、圧巻は最終回、優勝者が決定する回ね。

通常1時間番組を2時間に延長してのスペシャルは凄かった。

決勝に残った一人が、歌い始めたのは

「Beth」 (by KISS)


ファイナルステージでは、毎週テーマが決められるのね。

「70年代の曲」だったり、「ロック」だったり、
「ビートルズ」だったり…

たまには、「KISS」を歌う人がいてもいいじゃないか!
と、思う反面…
さすがに、歌唱力を競う番組だからなぁ、KISSじゃなぁ~
とも思ってみたり(^^;

そんな中の「Beth」は、「やっときたか!」って感じだったのですよ。(^^)

所が… 次の瞬間、「Beth」を歌い終えた候補者の
「KISS!!」の掛け声とともに、
ステージ上方から降りてくるゴンドラ…

え? ( ゚д゚) ポカーン

ステージ奥両側に何本も立つ、巨大な火柱…

来ちゃったよ、本物のKISS来ました。(^^;

しかも、フル装備… ゴンドラも、火柱も、花火も、パフォーマンスも…

途中候補者が歌う部分もある短縮バージョンの、
「Detroit Rock City」
「Rock’n Roll All Nite」

を演奏するためだけなのに、このフル装備、フルステージっぷり!!

凄すぎるぞ、KISS! そして、アメリカン・アイドル!!

まぁ、その時の興奮はきっとこのBlogをご覧の皆様なら
わかってくれるはず! (^^)

まさに、卒倒!! (^^)


でね、そんな状況で、もうなんだかフワフワした感じに
なっちゃってるアタクシなわけじゃん?

そんな状態のすぐ後にね、
画面上では、決勝に残った二人が今度は

「伝説のチャンピオン」 (by クィーン)

を、歌ってるわけさ…

え? それはないよね? いくらなんでも…

でも、この流れからすると、ありえちゃうわけ?

なんて思っていると、最初はカラオケっぽく聞こえていた
伴奏の中の、ギターの音が、聞きなれたあの特徴のある音が、
前面に出てくるじゃないの?

でもって、ステージの奥の仕掛けが開くと中から
ブライアン・メイと、ドラムセットと共にロジャー・テイラーが…

なんなんだよ! アメリカン・アイドル!!! やり過ぎだろ!!

何気なく見ていたテレビに、これほど興奮させられる事も珍しいぞ!

結局、あのKISSと、あのクィーンが、ひとつのテレビ番組で
同じステージに立ってしまっていると言う、信じられない光景…

あぁ~ びっくりした。 (^^;


しかし、ほんとすげぇな、アメリカン・アイドル…

そりゃそうだよね。
決勝戦での得票数が、1億票だって言うんだもん。
まさに、桁違いだわ。

そりゃ、KISSとクィーンも出るわ!! (^^;


さて、そんな「アメリカン・アイドル」、
略して「アメアイ」<= いまさらかよ! (^^;

当然のことながら、すでに来年の「シーズン9」の放送も予定されております。
本国では、毎年恒例の1月から。

日本では、約1か月遅れらしいので、2月ごろかね。

CS放送の、「FOXチャンネル」
又は、 BS放送の「BS11」で放送されるんじゃないですかね?

興味のある方は、お見逃しのなきようお願いいたしますよん♪

さすがに、もうKISSも、クィーンもでないだろうけど… (^^;
[PR]
by kizzarmy_tv | 2009-12-30 09:50 | バラエティ
『 アメリカン・アイドル シーズン7 (後編) 』

「前編」
の続きです。

「アメリカン・アイドル」の何が凄いって、
まず挙げられるのが、その規模かな…

全米、各都市で繰り広げられる地方予選…
参加総人数、約10万人…

書き間違いじゃないよ(^^;

正真正銘10万人!

ひとつの都市の参加者が、1万人を超えるんです。
そして、地方予選から勝ち上がるのが、130~140人位…

これが、「ハリウッド予選」ってのに参加できるのね。

そして、セミファイナルへ進出の24人が決定!

ここまでは、プロの審査員が決めるのさ…

セミファイナルからは、視聴者の電話投票で脱落者が決まっていく。


最終的に、決勝のステージに立てるのが12人!

ここまで来たら、本当に実力者ぞろい。

なんつったって、12/10万 だからね。

毎週毎週、脱落者が決まっていく。
自分の好みの挑戦者に肩入れしたり、
脱落者を予想したり、
その、歌の実力に感服したり…

また、審査員のコメントが面白いんだ!

辛口批評のサイモン・コーウェルの批評は、極辛!
また、それが的を射ているんだよね。

ポーラ・アブドゥル(歌手&ダンサー)は、
出演者の味方。

そして、あの「ジャーニー」のベーシスト
ランディ・ジャクソンは、とても音程に厳しい。

更には、司会のライアン・シークレストの絶妙の
しゃべりは、字幕で見ていてもプロのしゃべりを堪能できるんだよね。


もう、
「アメリカン・アイドル」なしではいられない体
にされてしまいました。(^^;


ところがさぁ(^^;
すでに、普通に放送された番組の再放送の、さらに再放送…
しかも、「一気見 マラソン」

土曜日の23:00から、5時間位やるわけよ。
もちろん、録画して見るんだけど、1日1時間ずつ見ても、
ほぼ1週間かかるわけじゃん!

そりゃそうだよ。元の放送は、半年かけて放送してるんだもん(^^;

全てを「アメリカン・アイドル」に捧げる覚悟がないと、
見きれないんですね(^^;


しかし! それだけの対価を払っても、見たくなる番組!

「24」を最初見時に近いような、ハマり具合でした。


※さてここからは、完全ネタばれなので、ご注意くださいね。
(と、一応言っておく(^^; )











で、迎えた「シーズン7」の決勝戦!

「デイビッド・クック」 vs 「デイビッド・アーチュレイター」

奇しくも、デイビッドという、男性の同名対決になりました。


アーチュレイターは、かなり初期の段階で、
既に優勝候補、とにかく審査員の評価が高くて、
途中からは「優勝候補」ってよりは、「優勝間違いなし」
って感じになっちゃってたんだよね。

一方のクックは、骨太のワイルドロッカーって感じで、
実は、アタクシ的にはデイビッド・クックの方が
好みだったんです。

正直、アーチュレイターは、なんでそんなに
審査員の評価が高いのかよくわからんかった(^^;

なので!

最後の最後、優勝者の名前が発表される瞬間まで、
アタシャ、アーチュレイターの優勝だと思っていたんです。

なので、ライアンが、

「デイビッド… … … … クゥック!」

って、言った瞬間 横で見ていた人の証言によると、
アタクシ、それまでしたことのない表情をしていたらしいです。 (^^;

いやぁ~~~~、びっくらこいたよ! ほんとに… (^^)


感動的だったわぁ~~

予選から、ずっと追っかけてきたからこその、最後のこの感動!

こりゃね、全米がハマるわけだよ。
決勝戦近辺での、電話投票の数は400万票位だったような…
すごい数だよね?


規模と言い、番組の質と言い、見終わった後の妙な達成感… (^^;


「これで、やっと普通の生活に戻れるわ!」


と、思ったのもつかのま…

翌週から、2009年版、

「アメリカン・アイドル シーズン8」(一気見 マラソン)

が、始まるんだってさ… (T_T)

しばらくは、このアリ地獄のような生活から抜け出せない様でございます(^^;


って事で、「アメリカン・アイドル シーズン8」へつづく…
[PR]
by kizzarmy_tv | 2009-12-28 07:45 | バラエティ
『 アメリカン・アイドル シーズン7 (前編) 』

「アメリカン・アイドル」って番組知ってますか?

ってか、見た事ありますか?


似たような番組で、一般的に言って、
若干「アメリカン・アイドル」よりも
メジャーな番組に

「ブリテンズ・ゴット・タレント」

ってのが、あるんですね。

これは、あの「ポール・ポッツ」さんを排出した番組です。
いやいや、最近の話題性で言ったら、

「2009年 紅白歌合戦」に出演が決まった
「スーザン・ボイル」さんを排出した番組と
言った方がいいでしょうか? (^^)

このお二人については、すでに話題にしてましたね。

『 ポール・ポッツ & スーザン・ボイル (From Britain's Got Talent)』


で、この「ブリテンズ・ゴット・タレント」で審査員を務めている
「サイモン・コーウェル」って方がいらっしゃるんですね。

このサイモンが、同じような番組で、同じように審査員を
務めているのが「アメリカン・アイドル」という、米FOXテレビが
制作してるオーディション番組なんですね。


しかし、なにが凄いって、この「アメリカン・アイドル」
今年で、「シーズン8」になるんですが、
「シーズン1」から、ずぅ~~~~~~~~~~っと、全米の視聴率No1!

なんだってさ! すごくね? (^^;

全米よ? 全米!! 規模が違うやね。
しかも、これだけ趣味嗜好が多様化している現代においてだよ?


でね、まぁ~なんだかしらんが、似たような番組がいっぱいあるのさ…


「アメリカズ・ゴット・タレント」

「ブリテンズ・ゴット・タレント」

「ポップアイドル」

「アメリカン・アイドル」

「カナディアン・アイドル」

「オーストラリアン・アイドル」

  …

  …



なので、「Wikipedia」等を参考にまとめてみました(^^;


まずね、元祖は、イギリスの

「ポップアイドル」

って番組みたいなんだよね。
これが始まったのが、2001年。
アイドル歌手を発掘するという、大規模なオーディション番組。


翌年には、この番組フォーマットを利用して
アメリカではじまったのが

「アメリカン・アイドル」

ここから、この番組フォーマットは世界中に
広まっていって、「○○○○・アイドル」って
名前でやってます。 日本にはありませんね(^^;


それに遅れること5年。
今度は、「アイドル歌手」に限定しない、
いろんなパフォーマーを含めた、オーディション番組として
2006年に

「アメリカズ・ゴット・タレント」

ってのが、今度は「アメリカ発」として始まるわけ。

翌年に、イギリスに渡って、2007年から

「ブリテンズ・ゴット・タレント」

が始まって、その第一回の優勝者が、ポール・ポッツさんなんだよね。
アタクシが、最初に見たのはこの番組。
上述の、審査員のサイモン・コーウェルを見たのも
こっちが先だったんだよね。

ちなみに、サイモンさんは、ポールさんのプロデュースもしたらしいです。

当然、この辺りは後で調べた事でして… (^^;


「なんだか、似たような番組がある」
ってな、事は聞いていたような気がするものの、
「アメリカン・アイドル」なんて知らなかった…

それが、2009年の秋口… 土曜日の23:00過ぎ…

風呂上りに、なんとはなしに見たFOXチャンネルでやっていたのが
2008年版の、

「アメリカン・アイドル シーズン7 一気見 マラソン」


思いっきり、足元をすくわれて、そのまま底なし沼にはまって、
汚泥にがんじがらめ… (--; 完全に抜けられなくなりました。

って事で、つづく…


あぁ、そうそう、上記の番組のほかにもいまや、

「アメリカン・ダンスアイドル」やらなんやら、
いっぱいオーディション番組あるみたいです。
[PR]
by kizzarmy_tv | 2009-12-25 11:38 | バラエティ
『 最近のバラエティ… 酷くない?(^^; 』

なんかさぁ~ 最近のバラエティ番組酷くない?

春の番組改編もひと段落して、
新しく始まった番組は、
わりと改善されてる感じがしなくもないんだけど、
それでも、すごく質が落ちてるようなきがするんだよね。

「じゃ、見なきゃいいじゃん!」

って言われそうだけど、やっぱ「お笑い」好きだからさ(^^)

どこのテレビ局も、テレビ離れによる広告収入減と、
さらには、ここの所の不況と相まって、
制作費削減の話なんて、普通のニュースでも見たりするじゃない?

そりゃ、質も悪くなるのも仕方ないんかな?

とも、思うものの、なんかバカにされてるような
演出とか、作りには、ちょっとうんざりさせられちゃうよね。

☆繰り返し映像の愚☆
ちょっと前まで、イライラの筆頭はCM明けのリピート映像…
CM直前までの流れを、延々と繰り返して流すやつね。
無理やり同じものを見せられる時間の無駄さ加減…
やだねえぇ~~~(^^;

割と昔からある手法ではあったけど、
その、さかのぼり具合のエスカレート加減ときたら!
相当前の段階まで遡って流してたよね。
これのピークが、ほんとついこの前までだったと思うのね。

不思議な事に!

春の番組改編後位から、完全になくなってはいないものの
非常にこの時間が短くなってる気がするんだよね。
「まぁ、許せる範囲」に収まってる感じなのさ…

それとは対象的に、「やり過ぎ感」を非常に感じるようになって来たのが
クライマックス映像の別アングル映像の繰り返し

わかりやすかったのがTBSテレビ「リンカーン」
爆破シーンを、数台のカメラで撮って、そのカメラ毎に繰り返すヤツね。
わかるでしょ? (^^;

そりゃ、別アングルでの違う迫力ってのもあるのかもしれんが、
いくらなんでもやりすぎ…
一体、何回同じシーンを見せられた事か…
しかも、音声は同じだから、まるで壊れたレコードプレイヤーの様…(--;
この番組に限らず、この手法、最近多くないですか?



☆スタッフが美味しく頂きました☆

バラエティ番組で、食べモノを食べる事以外に使った時の
常套句ですわな…

しかし!

「とにかくテロップ出しときゃ、文句こねぇだろ…」
って感じが、ミエミエの時があって、
非常に不快に思う事もしばしば…

だって、粉々に飛び散って床や壁に散乱してる状態のモノを、
少なくとも「おいしくいたただける」わけがない(^^;

同じ事を思った人がいたのかなんなのか…
その次に同じ様な事があった時、
実際にスタッフが食べてる映像を出して来たんだよね。
笑っちゃった…(^^)

でも、その時は、「そりゃ、それだったら食べられるだろ?」
って感じのモノだったりしてね。 ヤダヤダ…(^^;

なんかさぁ~ちょっと前までは、パイ投げに使うパイも
「パイ投げ専用クリーム」みたいなの使ってたんだよね。
この件に、すごく敏感になった時があってさ…

それが、今やなし崩し的に、普通のパイ使ってるよね?
だけど、もう誰も文句言わなくなっちゃってるしね。(^^;

そのあたりをわかっていて、
「スタッフが美味しく頂きました」ってフレーズを
ネタにしている人が割といましてね。
笑わせて頂いております(^^)


☆ガキの使いやあらへんで☆
完全に、フリートークのコーナーなくなっちゃったよね?(--;
前半部分って、フリートークを見たいがために見てたって感じも
無きにしも非ずだったもんで、非常に魅力のない番組になっちまいました。

しかも! (まぁ、前から酷い時も多かったけど)

ほんと、企画内容が劣化してきてる様なきがするのよね。

もしかすると、前半部分と、フリートークの部分って、
ダウンタウンのギャラ、別払いだったのかもしれない…
なんて、思ってしまいました(^^;




とまぁ、他にもいろいろあるんだけど、
なんかね、最近は視聴率至上主義を脱しつつある面もあるんだってさ…

義のあるスポンサーは、視聴率より、その番組の質に対して
お金を出すようになって来てるんだって。

「こんないい番組に、うちの会社はお金を払ってますよ」

ってな感じって事ね。

買い物する脳―驚くべきニューロマーケティングの世界
って本があるんだけど、実は視聴率のいい番組のスポンサーをやった所で、
普通にCMするだけじゃ、製品購買意欲を高めるのに、
あまり効果はないって話が出てくるのね。

なので、スポンサーもそういう方向に流れていく事は、
スポンサー、番組制作側、視聴者、みんなにとっていい事の様な気もするわけですよ。


って事で、質のいい「バラエティ番組」が増える事を望みます(^^)
[PR]
by kizzarmy_tv | 2009-05-08 10:22 | バラエティ
『 ジャニーズ… いくらなんでも酷くね? 』

えっと、先にフォローしておきます…(^^;

割と、ジャニーズのタレント好きですよ。
証拠をお見せしましょう!
今まで書いたジャニーズ系の記事ね。

『バンドとしての評価を!』

『ライブレポ【TOKIO ACTⅡ 3/12 日本武道館】(ステージセット編)』

『ライブレポ【TOKIO ACTⅡ 3/12 日本武道館】(内容編)』

『ライブレポ 【TOKIO LIVE TOUR 2006】@武道館(3/12)』

『 ひみつのアラシちゃん 』

『 頼むぞ! 嵐! 』

ライブまで行ってるんだから、説得力あるじゃろ? (^^;

SMAPのメンバーの凄さだって認めるし、

Sports
Music
Assenble
Peaple


だって事だって、なにも調べなくてもかける位だからね! (^^)

ま、「光GENJI」だけは、いまだにどうかと思ってるけど…(^^;

さて、そんな中にあるにも関わらず、

「いくらなんでも、そりゃねぇだろ!」

という、ジャニーズの所業が連続してしまったので、
どうしても一言言わずにはいられなくなりました。

その1…
ちょっと前の事になってしまいますが、
某SMAPがメインのスペシャル番組にて、
SMAPの歴史を振り返るような事をやっていたわけです。

森君がいない…

あえて森君が写っていない部分を選び出し…
どうしようもない所は、ボカシをいれて…
一切話題にはせず…

普通に考えれば、
「いなかった事にしている」
↑今更アタクシがいわなくても、周知の事実と言っていい位

いろんな複雑な大人の事情があるのかもしれん…
もしかすると、森君側からのなんらかの
要請&契約があるのかもしれん…

しかし! それならそれで、都度都度説明があって
しかるべきだと思うんですよね。
そういう番組をやる時にはね。

森君の部分にボカシがあるたびに、
非常に不快な思いをするのは、
アタクシだけではないのでは?

そんな中、アタクシはその部分は見てなかったんだけど、
キムタクが、森君について触れたんだって?
キムタクのそういう所はほんと偉いと思うんだよねぇ…

その2…
まずは、こちらをご覧頂きましょう!

「必殺仕事人 2009 キャストページ」

えぇ~~い!
もう、面倒なので、画像を載せます。

b0128542_10571117.jpg


謎の人物が3人位いるんですけど… (^^;

こういうパターンってさぁ、
まだ「謎の人物」だけど、先行き明らかになります。
みたいな感じの時に使われてるよねぇ?

しかぁし!
このドラマでは、この3人主役ですよねぇ?

もう、お気づきかと思ういますが、
例の、「ジャニーズタレントはネット上に画像を載せない」
という不文律にしたかっているみたいなんですよね。

で、これって許されるもんなの?(^^;
視聴者をバカにしてるとしか思えない…
これだけのネット社会になって、各企業、テレビ局は
Webコンテンツに力をいれて、
これだけのページを作っているわけでしょ?

テレビ局の対応が甘すぎるとも言えるけどね。
こんな事しなきゃならないなら、
そもそもドラマに使わなきゃいいと思うんだよね。
それぐらい、毅然とした態度で臨まないと、
完全なる「お客不在」な行為だよね。

しかも! 最悪仕方がないとしてもだよ?
説明を載せるべきなんじゃないでしょうか?

「これこれこういう理由により、大変申し訳ないが画像を載せられない」と…

これだけの事をやっているにもかかわらず、
YouTubeを検索すれば、普通に画像はでてくる(^^;

「YouTubeでさえ、特殊なフィルターにより
ジャニーズタレントは見る事が出来ない」

って位徹底的に、金に糸目も付けず、新しい技術も開発してやるなら
まだ納得いくけど、この中途半端さも微妙よね。

そもそも、上記のような事によるメリットってどれ位なのかねぇ?
当然画像を出した場合の不利益の試算ってやってるんだろうから、
ちょっと見せてもらいたい気もするよ(^^;

他の事務所が、それで莫大な損をして、
つぶれたなんて聞いたことないしね。

この状態を続けるなら、
ぜひ未来永劫信念を貫き通していただきたいですよね。

もし、途中で方針変換するようなら、
まずは、謝罪の言葉から聞きたいものです。

と言うことで、もし、このBlogがなくなったり…(^^;
アタクシと連絡が取れなくなる様な事があったら、
つまり「そういう事」ですので、あしからず… ウハハハ…
[PR]
by kizzarmy_tv | 2009-04-08 10:59 | バラエティ
『 頼むぞ! 嵐! 』

えっと、先日

『 ひみつのアラシちゃん 』

ってな、番組の話を書きました。

わりと、「大絶賛」… (^^;

「嵐」 のことも結構な褒め具合…


なのに!

オイオイオイオイ!! 頼むよ!

事が始まったのは、
2008年 6月 5日の第9回放送分から…

タイトルは

花より男子FINAL公開記念!
『花より松潤 ラブラブアタック大作戦SP』


全く持って、番組の趣旨からはずれた内容…(--;

まぁね、テレビ業界「番宣」は基本ですよ。
特に最近はね。

あの三谷幸喜氏の映画の宣伝での
テレビ出演の凄さみたでしょ?(^^;

だから、「花より男子FINAL公開記念!」ってのも仕方がないのかな?
って思った…

ところが、その週を境にそれまでの番組形態で放送された事は
一度もない…

前回話題にした時に、アタクシこんな事を書いております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
番組的にはさ、最近特にやりつくされた感のある
「びっくりネタ情報番組」なんだけど…

「やりつくされた感」があるにも関わらず、
なかなかいいネタ仕入れてくるんだよね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そう! 「なかなかいいネタ」がそこにあったから
この番組を褒めていたんです。

もう、ネタ切れですか? 笑っちまいます。 アハハハハ… (^^;

「最近やりつくされた感のある中あえて」って所も買っていた…

最初にやっていたネタのクオリティを保てる自信があったから
始めたのだと…

まあ、普通に考えたら、そうそうそんなネタあるわきゃない…(^^;
「だからこその価値」だったわけよね。

がっかりですわ…

特番で、半期に1度とかやっていた方が
よかったんじゃないですかねぇ~

まぁねぇ、これは番組制作サイドの問題だから
別に嵐自体に問題があるわけじゃないだろうけど… (^^;

それにしても、一応冠番組だからね。


とは言え、過去にも番組開始当初とはまったく違う番組に
なったにもかかわらず、それなりの成功を収めた番組あるっちゃある。


★「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」

「生ダラ」でございます(^^;
最初はとんねるずと高校生の討論番組だった。
生放送がウリ…
ところが、数週で「あきらかに収録」とわかる状況に変化
その後、当初の討論はまったくなくなり普通のバラエティに…
もちろん「生放送」じゃない…にもかかわらず
ずっと「生ダラ」だった。(^^;

それでも、数々の名物コーナーが生まれて
かなり話題になった番組


★「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」

最初は「ウッチャンウリウリ!ナンチャンナリナリ!!」ってタイトルだった。
変なCGを使った下らん宇宙人コントがメイン…
まったくおもしろくなかった(^^;

タイトルも一応省略形みたいな変更をして、
蕎麦やだかラーメン屋だかのコントのコーナーがあった。
そこで登場したのが「千秋」…
そこから生まれたのが「ポケットビスケッツ」…
そのあたりからすっかり別番組になり、やはり
数々の名物コーナーが誕生…
「芸能人社交ダンス部」にて、絶頂期に突入…


とまぁ、こんな例もあるんで一概に悪者扱いもできないけど、
「ひみつのアラシちゃん」、もちょっとがんばってほしい所ですな…(^^;


さて、「生ダラ」と「ウリナリ」…その絶頂期の影には
なぜか「勝俣州和」さんが非常に貢献しているんですわ!

「ひみつのアラシちゃん」も「勝俣氏起用」で復活かぁ? (^^;
[PR]
by kizzarmy_tv | 2008-06-27 11:02 | バラエティ
『 ひみつのアラシちゃん 』

なんかさぁ~ とにかく頭数揃えて、取り合えず歌って踊ってるって感じの
ジャニーズの男子グループには、正直あまりいい印象はないんですわ。(^^;

そんな中にあっても、「SMAP」ってのはすげぇな~とも思うし、
「TOKIO」のバンドとしての魅力は、以前から結構書いたからね。

で、そんな中、かなり昔だと思うけど
たしか「嵐」の事もちょっと書いたような…(^^;

そのきっかけは、「嵐の技ありっ!」って番組…だったかな…

「新撰組」ってコーナーが割とおもしろかった。

でもって、「なんだよ<嵐>って結構おもろいじゃん!」って思った。(^^;

その後、「マツケンレシピ」を見るつながりで「まごまご嵐」も時々見てた。

『嵐の孫になります』での、メンバー同士の掛け合い
おじいちゃん、おばあちゃんとのふれあい、おもしろかったです。

『嵐の突撃こどもの晩ゴハン』での、メンバーの個性
子供たちとのふれあい、おもしろかったです。

『GRA』と番組名が変わってからも、見てました。
司会が相場君ってのが良かったね。あののほほんとしたすっとぼけ具合がなんとも…(^^;

でもって、この番組でのリーダー(大野)はほんとヤバイと思った。
その頃から、実はその事についてBlogに書こうと思ってたくらい…(^^;

出される問題、出される問題、答えられたためしがない…(^^;

「大丈夫かな?」って思った…
でもさすがだね! 彼の芸術的センスを見た時に、
「なるほど!」って思ったよ。 彼の能力はそっち方面に強かったんだね。


とまぁ、そうするとさぁ、いっくら「ひとの顔と名前を覚えるのが苦手」つっても
メンバーの顔… 名前… なんとなく覚えちゃうのさ…

他の番組にピンででても、
「お! 出てるじゃん!」って思うようになっちゃった(^^)

その代表が櫻井君だよねぇ~
ニュースキャスターだもんね。 びっくりしたよ。

先日の「バレーボール世界最終予選」でのメインキャスターぶり見たぁ?

すばらしいです!

プロ野球の「ヒーローインタビュー」とかやってる
スポーツアナウンサーなんかより、比較にならない位にすばらしいです!


でもそんな中残念な事に、土曜日の午後の時間帯の番組が
「VS嵐」になってからは、正直見る気がしなくなっちゃってさ…

だって… どう考えても、
某TBSの某東京フレンドなんとかなわけじゃん?(^^;

割と見ていた時間帯の番組を見なくなった事は
ちょっと寂しかったのですが… 始まっちゃったね。

別のテレビ局で… 別の時間帯…

「嵐」初のゴールデンレギュラー番組…

『 ひみつのアラシちゃん 』がさ…

木曜日の、夜10:00~ …

番組的にはさ、最近特にやりつくされた感のある
「びっくりネタ情報番組」なんだけど…

「やりつくされた感」があるにも関わらず、
なかなかいいネタ仕入れてくるんだよね。

「ベストハウス 1-2-3」とかだって、
「あ、それもう、別の番組でやってました」ってネタ多いんだよね(^^;

そんな中!
「へぇ~~~ そうなの?」
「まじ? 知らんかった!」

って、ネタを連発…

しかも、メンバーのレポートぶりがなかなかよろしい! (^^)


「嵐」を知ったばかりの頃の二ノ宮君なんて、
「なんだこいつは!」位にしか思ってなかったんだけど、
あの「俺様キャラ」ってなれるとはまるんだね? ウハハハハ… (^^)


「新鮮組」あたりから見てるだけに、成長ぶりっちゅうか、
進化の過程っちゅうか、それを肌で感じるわけなんだよね。


じつはちょっと「嵐」にはまってるかも? な、最近のアタクシでございます。

でもね、あれなのよ、「V6」にも同じ様な事感じる事もあるんだよね。(^^;

とすると、ジャニーズ事務所…
だてに数々のアイドルを輩出してるわけじゃねぇな…と…

ちゃんと才能発掘する能力あるのかな? と…

そんな事も思ってしまうわけなんですね。 (^^)
[PR]
by kizzarmy_tv | 2008-06-02 11:34 | バラエティ