★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「kizz_army」のジャンル別Blogリンク!!

==過去に書いた記事はこちらのBlog ==
≪ KISS KIZZ ROCK'N ROLL FIRE!! ≫

== フォトリーディング&マインドマップ活用の読書記録 ==
<< 知識増量堂 ブックセンター >>

== 世界遺産を見たぁ~~~いい! ==
≪ 世界遺産に魅せられて… ≫

== きれいな日本語を話したい! って事でそのまんま!==
《きれいな日本語を話したい!》

== 食べ物の情報、食い物屋の情報等のBlog ==
≪マスタ! おまかせでお願い!≫

== 日常を向上させるヒントや情報のBlog ==
≪ 日 常 向 上 旅 団 ≫

== 映画鑑賞専用Blog==
≪シネ、シネ、シネマ団≫

== コンサートや、観劇、スポーツ観戦のBlog==
≪鑑賞、観戦、観劇…やっぱり生がいい≫

== テレビ観賞専用Blog ==
≪テレビっこ、世にはばからせていただきます。≫

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
『 ジャニーズ… いくらなんでも酷くね? 』

えっと、先にフォローしておきます…(^^;

割と、ジャニーズのタレント好きですよ。
証拠をお見せしましょう!
今まで書いたジャニーズ系の記事ね。

『バンドとしての評価を!』

『ライブレポ【TOKIO ACTⅡ 3/12 日本武道館】(ステージセット編)』

『ライブレポ【TOKIO ACTⅡ 3/12 日本武道館】(内容編)』

『ライブレポ 【TOKIO LIVE TOUR 2006】@武道館(3/12)』

『 ひみつのアラシちゃん 』

『 頼むぞ! 嵐! 』

ライブまで行ってるんだから、説得力あるじゃろ? (^^;

SMAPのメンバーの凄さだって認めるし、

Sports
Music
Assenble
Peaple


だって事だって、なにも調べなくてもかける位だからね! (^^)

ま、「光GENJI」だけは、いまだにどうかと思ってるけど…(^^;

さて、そんな中にあるにも関わらず、

「いくらなんでも、そりゃねぇだろ!」

という、ジャニーズの所業が連続してしまったので、
どうしても一言言わずにはいられなくなりました。

その1…
ちょっと前の事になってしまいますが、
某SMAPがメインのスペシャル番組にて、
SMAPの歴史を振り返るような事をやっていたわけです。

森君がいない…

あえて森君が写っていない部分を選び出し…
どうしようもない所は、ボカシをいれて…
一切話題にはせず…

普通に考えれば、
「いなかった事にしている」
↑今更アタクシがいわなくても、周知の事実と言っていい位

いろんな複雑な大人の事情があるのかもしれん…
もしかすると、森君側からのなんらかの
要請&契約があるのかもしれん…

しかし! それならそれで、都度都度説明があって
しかるべきだと思うんですよね。
そういう番組をやる時にはね。

森君の部分にボカシがあるたびに、
非常に不快な思いをするのは、
アタクシだけではないのでは?

そんな中、アタクシはその部分は見てなかったんだけど、
キムタクが、森君について触れたんだって?
キムタクのそういう所はほんと偉いと思うんだよねぇ…

その2…
まずは、こちらをご覧頂きましょう!

「必殺仕事人 2009 キャストページ」

えぇ~~い!
もう、面倒なので、画像を載せます。

b0128542_10571117.jpg


謎の人物が3人位いるんですけど… (^^;

こういうパターンってさぁ、
まだ「謎の人物」だけど、先行き明らかになります。
みたいな感じの時に使われてるよねぇ?

しかぁし!
このドラマでは、この3人主役ですよねぇ?

もう、お気づきかと思ういますが、
例の、「ジャニーズタレントはネット上に画像を載せない」
という不文律にしたかっているみたいなんですよね。

で、これって許されるもんなの?(^^;
視聴者をバカにしてるとしか思えない…
これだけのネット社会になって、各企業、テレビ局は
Webコンテンツに力をいれて、
これだけのページを作っているわけでしょ?

テレビ局の対応が甘すぎるとも言えるけどね。
こんな事しなきゃならないなら、
そもそもドラマに使わなきゃいいと思うんだよね。
それぐらい、毅然とした態度で臨まないと、
完全なる「お客不在」な行為だよね。

しかも! 最悪仕方がないとしてもだよ?
説明を載せるべきなんじゃないでしょうか?

「これこれこういう理由により、大変申し訳ないが画像を載せられない」と…

これだけの事をやっているにもかかわらず、
YouTubeを検索すれば、普通に画像はでてくる(^^;

「YouTubeでさえ、特殊なフィルターにより
ジャニーズタレントは見る事が出来ない」

って位徹底的に、金に糸目も付けず、新しい技術も開発してやるなら
まだ納得いくけど、この中途半端さも微妙よね。

そもそも、上記のような事によるメリットってどれ位なのかねぇ?
当然画像を出した場合の不利益の試算ってやってるんだろうから、
ちょっと見せてもらいたい気もするよ(^^;

他の事務所が、それで莫大な損をして、
つぶれたなんて聞いたことないしね。

この状態を続けるなら、
ぜひ未来永劫信念を貫き通していただきたいですよね。

もし、途中で方針変換するようなら、
まずは、謝罪の言葉から聞きたいものです。

と言うことで、もし、このBlogがなくなったり…(^^;
アタクシと連絡が取れなくなる様な事があったら、
つまり「そういう事」ですので、あしからず… ウハハハ…
[PR]
# by kizzarmy_tv | 2009-04-08 10:59 | バラエティ
『TBS 謎と神秘の大冒険!古代エジプト驚異の(秘)7大ミステリー体験!』
って事で、予告通り例のエジプト番組を見た感想です(^^;

全体的な感想としてはいい所もあり…悪い所もあり…
って感じでしょうか…

なんつったって酷いのは、ただでさえ「いない方がいい」と
思っているスタジオゲストが、単なる「番宣」ゲスト(--;
いただけませんな(^^;

それと、
「年始のスペシャル番組で放送しきれなかった
ネタがあったので、折角だから入れてみました」

てな感じのものもチラホラ…
というか、この番組自体がそういう意図?(^^;

って事で、放送された7大ミステリーについて
ひとつずつ思ったことを書いてみましょう(^^)


○砂漠に巨大クジラ!?

レポーターは、桐谷健太さん…
ま、正直よく知らんというか、全く知らないのですが…(^^;
それでも、前回の
「他に適任者はいないのかなあ?」
って、話をちょっと反映したかのレポートぶりは
なかなか好感持てましたね。
「憧れのエジプト」でのレポートのワクワク感が伝わってきました。
だから言ったでしょ?そういう人が行くべきだってさ…(^^;

そして、あの化石がゴロゴロしている所の話は
初めてテレビで見たような気がします。
新鮮且つ、興味深い話題でした。


○盗まれたピラミッド!?

ま、確かにピラミッドの代替って解釈も成り立つんだろうけど、
若干こじつけっぽいね(^^;
オベリスクの立て方も解説してくれたけど、
ほんとにあの方法なのかねぇ?
あれでも、最終的な位置の調整はかなり難しいと思うんだよね。


○夜な夜な現れる子どものミイラ!?

TBSは吉村さんオンリーで行くのかと思っていたら…
ザヒ博士登場しましたねぇ~
しかも、中山エミリさん、観月ありささんに見せた
フランクさはどこへやら…
非常に事務的な、普通の取材に対する対応でしたね。
別人かと思っちゃったよ。
ま、最後の方ではかなりフレンドリーないつものザヒ博士っぽく
なってきてたけどね(^^;

あのミイラがたくさん発見されたところは、
日テレでの、えなり君のレポートを先に見ちゃったからな~
新鮮味はなかったかな…


○純金のマスクはウソ!?

確かにねぇ、キンキラキンすぎるような気はしてたんだよね。
銀との合金が吹きつけられていたとはね。
これって、新ネタだったんすかねぇ? 知りませんでした。


○妻30人・子ども100人の豪快王

すげぇはなしじゃ…
まず、絶対に、名前を覚えられんわな(^^;


○クレオパトラは7人いた!

これも、割と使い古されたネタよね(^^;
実はねぇ、ちょうど今発売中の
講談社刊「世界百不思議」のNo4号にも、
クレオパトラの事が載ってるのね。
で、実はそんなに美人じゃなかったかもしれなくて、
それでも、モテモテだった理由が書いてあるのね。
これがまぁ、おもしれえんだよ! (^^)
この番組のこのコーナーの数百倍おもろかった…
ただし!TVじゃ絶対できない18禁ネタなんで、
気をつけてね(^^;


○消えた第4のピラミッド!

これぞ完全に「年始スペシャル」放送できなかった編でしたね。
実はこの「第四のピラミッド」も、
ちょうど今発売中の
講談社刊「世界百不思議」のNo2号の
メイン特集になってるんだわさ… (^^;
詳しくはそれも参考にしてみて!
って感じなんだけど、あの地下部分に入っての
実際の映像はやっぱり雑誌じゃ出せない迫力だね。


でね、最近この手の番組を見るにつけ不思議に思う事があるんだけど…

エジプトの古代遺跡って、結構壁画や記録が残ってるみたいじゃん?
ピラミッドが「奴隷による強制労働」ではなく、
「公共事業的」に成り立っていたってのは、
ピラミッド周辺で見つかった
労働日誌のようなものでわかったって話じゃん?

他にも、
ビールの作り方みたいなのとか…
ワインの作り方みたいなのとか…
ミイラの作り方みたいなのとか…
壁画とかでみたことあるような気がするよね?

なのに! なのによ!

なんで、ピラミッドの作り方や、作ってる作業風景の記録って
ないんだろうねぇ??

おかしくね?(^^;

意図的なものを感じませんか?
その手法を隠したかったのか?
その手法を伝えてはいけない
巨大な力が働いていたのか?

不思議よねぇ~ (^^)

アタクシが思うには、ナイルの川の水を使って
浮力をうまく使ったんじゃないかなとか思うんだけど、
そしたら、地下の部分は水没してそうだし…(^^;

ほんとどうやって、作ったんだろうねぇ~
興味は尽きませんな!
[PR]
# by kizzarmy_tv | 2009-03-30 10:12 | 情報・ドキュメント
『 もしかして「エジプト」ブームなんすか?(^^; (後編)』

『前編』の続きです。

さて、エジプト&ピラミッド系スペシャル番組での
「日テレ vs TBS」という戦いの中に
いきなり飛び込んできたのがテレビ朝日…

起用されたのは、観月ありささん…
なんか久々見たけど、すっかり大人の女性ですね。
番組の内容は、ツタンカーメンとその3人の母に絞った
再現ドラマを中心としたものでした。

その中に、現地取材の内容が挟み込まれる感じ…
そして、その取材のメインは日テレと同じ、ザヒ・ハワース博士!
観月さんは、中山えみりさんと同様に、
すっかりザヒ博士の心をつかんだみたいで、
「アリィシャ、アリィシャ」としきりに名前を呼ばれてました(^^;

それもそのはず、番組のサイトでのオフショットの説明文を読むと
過酷な現地の環境の中でも、非常に気丈で、
スタッフにも気づかいを見せる
ありささんの様子がうかがえます。

さすがにねぇ、それなりにこの手の番組をいつもチェックしてると
出てくる話はほとんど同じなのよ(^^;
「またそれぇ??」
って事も多々ある… ま、それでも見ちゃうんだけどね。

でも、今回のテレ朝の番組はなかなか良かったよ。
再現ドラマの筋書きは、どの程度史実に基づいてるかわかんないし、
(実際手元にあったエジプトの本とは違う部分もありました)
若干「やりすぎ」的な部分もあったけど、
他の2局の番組につきものの「スタジオ・パネラー」と呼ばれる
人達がいないだけでも、非常に高評価できると思いましたね(^^)

淡々と、再現ドラマと取材内容を報告する感じがよかった。

そして、ツタンカーメン周辺に絞ったのも功を奏したのかね。
非常にすっきりした感じがしましたね。
日テレ、TBSの年末年始特番は、放映時間からして、
「てんこもり」にせざるを得ないもんね(^^;

だってさぁ~、よく番組の冒頭のダイジェスト部分ってあるじゃん?
見どころとか説明してくれるヤツ…

最近は、この手のジャンルに限らず、そういう作りって多くてさ
で、だいたいその部分は、スキップ機能で飛ばしみするんだけど
(だって単なる繰り返しでしょ?(^^;)
今回の5時間枠のスペシャル番組なんて、その冒頭ダイジェストだけで
30分位、いや30分以上あったかなぁ…

スキップで飛ばしても飛ばしても、本編が始まらないんだもんなぁ~
スキップで飛ばしながら笑っちゃったよ(^^;

そして、この手の番組に対して、一番言いたいこと…
実はこれがこの話題のメインなんだけどね。(^^;

それは、レポーターの人選と、スタジオパネラーの廃止。
どういう手順でレポーターが選ばれてるのか、
アタクシの預かり知らない事なんで、
勘違いがあったら、単純にごめんなさいm(__)mなんだけど…

「他に適任者はいないのかなあ?」っていつも思うんですよ。

まず、英語ができる事が大前提だと思うんです。
せめて、ザヒ博士に自分で簡単な質問ができる位じゃないと
折角取材に応じてくれている貴重な時間を、
無駄にしてる様な気がするんですね。

更に、普段から古代エジプト文明やら、文化やら、ピラミッドやらに
興味があると公言している人、勉強している人、
なんらかの貢献をしている人が、現地に行くべきなんじゃないかな?
と思うんですね。

または、「世界ふしぎ発見」でおなじみの
竹内海南江さんの様な、まさにプロと呼べる様なレポーターとかね。

じゃないと、あまりにも「もったいなさすぎる」…
これは、ちょっとした嫉妬も入ってるんだけど、(^^;
カイロ博物館に取材に行くと、だいたい開館前の時間
特別に取材させてくれてるみたいなんだよね。

更に、日テレとTBSの取材に対しては、
「ツタンカーメンの黄金マスク」のガラスケースを
わざわざはずしてくれる計らいまでしてくれる。
(テレビ朝日の番組は、ガラスケースのままでした)

あの黄金マスクを生で、間近で見られるんだよ?
そんな恩恵に預かれるのは、やっぱりそれなりの人に
与えられる恩恵だと思わない?(^^;

それを夢にまで見てしまうような人に体験して欲しい
恩恵だと思いませんか?

そりゃね、かわいいおねぇちゃんが行けば、
いろいろメリットもあるさ…(^^)
しかも、中山エミリさんも、観月ありささんもその
レポートぶりには好感が持てるし、
非常によくやってるというのも伝わってくる。

でも、「ですが!」って感じをどうしても捨てきれないんですよ。

幸いな事に、スーパーウェポン-「スキップ機能」があるので、
どうでもいいスタジオパネラーの話とかは飛ばせるのでいいのですが、
せっかく莫大なお金と時間を使って、
たくさんの人が興味を持っている世界の番組作ってくれるなら、
更に質の高いものにしていただきたいなぁ~と思う次第でございます。

で、昨日お知らせした、
「謎と神秘の大冒険!古代エジプト驚異の秘7大ミステリー体験! 」
という、TBSの番組も鑑賞し次第、続編として
話題にしてみたいと思っております。
[PR]
# by kizzarmy_tv | 2009-03-26 09:28 | 情報・ドキュメント
『 もしかして「エジプト」ブームなんすか?(^^; (前編)』
まずは、最近のデータを時系列的に整理しましょう!!

★「日本テレビ」★
2008年 12月 30日 18:00~ 5時間
 古代エジプト3大ミステリー
 「天才考古学者ザヒ・ハワースの新発見第3弾」
  (http://www.ntv.co.jp/egypt/)

★「TBS]★
2009年 1月 2日 18:30~ 5時間
 歴史冒険ミステリー
 世界のピラミッド徹底解剖!!
  人類史上最大の謎を解けスペシャル!
 (http://www.tbs.co.jp/pyramid09/caststaff.html)

★「テレビ朝日」★
2009年 3月 21日 19:00~ 2時間
 古代エジプト大奥物語
 ツタンカーメンと三人の母
 女たちの壮絶な戦い
 (http://www.tv-asahi.co.jp/tut/)

とまぁ、年末年始の 「日テレ vs TBS」に至っては、
最初に番組表を見た時は、見間違いかと思う位にだったからね。
同じような内容を、同じような時間帯でさ…(^^;

なんだか、昔書いたモノマネ番組の
「フジテレビ vs 日テレ」
みたいな様相を呈してませんか? ってな感じ…

でもねぇ、TBSはさ、なんつったって、あの
「世界ふしぎ発見」にて、
相当昔から「エジプトミステリー」では、あの
サイバー大学学長の吉村作治さんを囲い込んで
力を入れて番組作ってきました。

なので、ここはTBS優勢かと思いきや、
考えてみたら、日テレはあの伝説の「木曜スペシャル」にて
まだ今ほど知名度が高いとは言えなかった、
現サイバー大学学長の吉村作治さんを起用して、
「実際にピラミッドを作ってみようぜ」ってな企画にて
世間に衝撃を… さらには、ブームまで作って見せました。

そんな両局がここにきて、単純に

エジプト考古庁長官 ザヒ・ハワーズ博士
    vs
サイバー大学学長 吉村作治氏

という、勢力図を作りあげつつあるんですな…
でもって、どうやら両局ともシリーズとして
年末年始やら、番組改編時のスペシャルとして
コンスタントに、このエジプト企画をやっている。

しかもここ最近、さらにその攻防が熱くなっている様な気がする…

一体どうしたんでしょうね?(^^;

ま、単純に考えれば、
「それなりに視聴率が取れる」
って事なんでしょうけどね。

日テレの一連のシリーズにて、非常にいい働きをしてるのが
中山エミリさん…

もう、すっかりザヒ博士の超、超、超、お気に入り
ザヒ博士も、
「エミリのためだったら特別に見せちゃうよ!」
ってな計らいがてんこもり(^^)
番組も、視聴者も、そのおこぼれに預かってる感じが
わりとお得な感じを演出しておりますよん♪

実際問題、ザヒ博士のお気に入りになるのも無理はない…
物おじせず、どこへでも好奇心旺盛についていくし、
いやな顔一つせず、過酷な環境に飛び込んでいく。

えなりくんも、若干とぼけた感じを出しながらも
それなりのレポーターぶり…

そして、そんな「いい雰囲気」を一切合財ぶち壊してくれたのが
菊川れいさん…
当然、人選を行った番組側に第一の責任があるものの…
その役をこなすのが菊川れいさんである必要がまったくなく、
かえって取材の足手まといになるような振る舞いはどうかと思いましたね。
(この事については後ほど再度書きますが…)

なんつったって、あの日本のテレビ取材大好き、超好意的なザヒ博士さえも
怒らせてしまう位でしたからね。(^^;

番組全体は、ザヒ博士の研究成果や、持論によって展開されています。


一方のTBSは…
なぜか今回「くりぃむしちゅー」を起用…
確かに、有田さんのボケは所々面白かったし、
時々見せる上田さんの相変わらずの博識ぶりは、感嘆したものの、
やっぱり、どうしても「くりぃむしちゅー」でなければならない理由が
いまいち不明ですよね(^^;

こちらは、完全に吉村さんの研究成果、持論を基に展開されます。
そのせいで、「ピラミッドは一体なんなのか?」って説明になると、
数年前に作成されたアニメーションをひたすら使いまわし、
同じ説明の繰り返しになってしまっているのがちょっと残念。

ザヒ博士はいまだに「ピラミッドは墓である」って持論なんだよね。
吉村さんは「ピラミッドは墓ではない」って説なんだよね。

この対比が、まさに「vs」って感じで面白いっちゃぁおもしろい…
でも、両方の番組、ちゃんと見たら10時間だからね(^^;
対費用効果を考えると、微妙ではあるね。


と、この激戦区に、遅ればせながら参戦を表明したのが「テレビ朝日」
あえてなのか、たまたまなのか、年末年始を外して、3月の改編期に
「エジプト番組」をぶち当ててきました。

すごいね。
「ここにきてぇ??」
って感じも無きにしも非ずだけど、
それでも、やっぱり、視聴率が取れるって事なのかねぇ?

って事で、さらに混迷を呈したきたこの戦いの話は、
次回につづく… って事で… (^^;

------------------------------
※と、ここまで書いた所でニュースが飛び込んできました。
すごいね! この記事を書き始めるまではまったく知りませんでした。
この、プチ予知能力的感じ… 好きです(^^)

なんと! 本日(2009年3月25日) TBSでは、
「謎と神秘の大冒険!古代エジプト驚異の秘7大ミステリー体験! 」
という番組が21:00より放映されます。
司会は前回に続いて、くりぃむしちゅー…
番組の説明には、
「今回は今までとは一味違う「古代エジプト」を紹介!」
とあります。
本当に期待を裏切らない内容なのか? 期待大! ですな(^^;
[PR]
# by kizzarmy_tv | 2009-03-25 09:54 | 情報・ドキュメント
『 爆笑! オンエアバトル 第11回チャンピオン大会 』

では、まず過去の記事の紹介から…

『爆笑! オンエアバトル 第8回チャンピオン大会』
『爆笑! オンエアバトル 第7回チャンピオン大会』

って事で、9回、10回大会については書いてないんだね(^^;

2年の沈黙を破り、今回はなんとしても書かなければならないと
アタクシを奮い立たせたのは、どうしても言いたい事があったから。

それは、「タイムマシーン3号」へのメッセージ…


今回の「オンエアバトル チャンピオン大会」、
一番面白かったのは、「あなたたちです」!

って事を、どうしても言いたかった。(^^;

まぁねぇ、審査結果は審査結果として、
受け止めなきゃならんのだろうけど、
単純な面白さ、ネタの練られ方、その時の出来、
全て「タイムマシーン3号」がダントツだったと、
アタクシは思いました。

「妹との同居」って言うきちんとした軸を置きながら、
いろんな要素をてんこもり…
次々と繰り出されるボケと突っ込みの妙技は
大笑いと同時に、「感嘆」の声を上げてしまいました(^^)

本人達も、その出来の良さを自覚していたからこそ、
今回の第二位は相当ショックだったと思います。

だからこそ、なんとかこのBlogが本人達の
目に留まる事を祈ります。(^^;


と、ここまで書いた所で一応補足しておかねばなりますまい。(^^;

確かにね、数年前にフジテレビの横で「タイムマシーン3号」と
すれ違った事もありますし、普段から「コンスタントにおもしろい」とも
思ってますが、それだけで今回の事に関して
贔屓的に見てたわけじゃありませんからね。(^^;

過去の記事を振り返りますれば、確かに「トータルテンボス」
個人的な評価は、最初の「Mー1」の時からそんなに高くなかったですよ。
でもねぇ、最近の「トータルテンボス」は、以前に比べて
とても面白くなってきたと思ってました。

今のスタイル-なにかの職業をネタにする-になってからすぐも
今イチだったけど(^^;、あのスタイルがこなれてからは
かなり面白かったんで、アタクシの秘蔵コレクションDVDに
何度かダビングする事もありました。

そんな中にあっても、今回の「チャンピオン大会」での
「イタリアンレストラン」のネタはイマイチでした。
特に「タンス」で従業員を呼ぶってのがどうしても
しっくりこなかった。

当然、突飛もない、あり得ないシチュエーションの面白さを
狙ったのはわかるんだけど、イタリアンレストランと
あまりにも関係のなさすぎる「タンス」、そして
それが厨房とつながっているって設定は
どうしても、「無理やり感」を感じてしまいました。
そして、
「その手順を踏まなければ、従業員が近くに居ても応じない」
って、ネタはもうやり尽くされてるからねぇ(^^;

では、番組ホームページより結果を引用させて頂きます。

・トータルテンボス 1034KB
・タイムマシーン3号 966KB
・超新塾 814KB
・パンクブーブー 806KB
・ハマカーン 786KB
・ななめ45° 758KB
・流れ星 734KB
・ギャロップ 622KB
・フラミンゴ 526KB
・アームストロング 510KB
・我が家 350KB

みんな緊張してたのがTVからも伝わってきましたよね。

いつもとはちょっと違う感じ…
いつもだったら、もっとおもしろいだろうに…
って思わされた人たちが複数いました。

しかし、「我が家」の点数の低さには驚いたね。
なんなんだろう…
あの「野球拳」ネタって一般受けしないのかねぇ?(^^;

確かに、現在の「我が家」のネタで最高か?って言うと
そうは言えない気もするけど、
谷田部さんが忘れた頃に入ってくるタイミングとか
わかっていても、おもしろんだけどね。

って事で、
来季からは、番組自体もちょっとシステムが変わるみたいですね。
老舗のお笑い番組として、ぜひ他のテレビ局にはない、
質の高いお笑いを提供していただきたいと願う次第でございます。 (^^)
[PR]
# by kizzarmy_tv | 2009-03-23 10:22 | お笑い